Shovelog

Snow Lights Films

2024-04-01から1ヶ月間の記事一覧

絶景東京503

絶景東京502

絶景東京501

絶景東京500

現像1ターン。カリカリになる乾燥シーズンが終わり、これからの時期は縦方向のカーリングが少ないネガが上がるので気分がよろし。

箱形の地平線

検索したわけでもないのに、何故かGoogleニュース欄にハコスカの記事が表示された。昨今はRじゃなくても一千万円を楽に超す車になってしまったようでその高騰ぶりはポルシェ級に異常に思えたりする。日本のオヤジたちはみんなハコスカが好きなのだろう。まる…

絶景東京498

いよいよ業務が今年前半戦のヤマ場を迎えた。GW明けまで一気に駆け抜ける、と毎年言っているような。しかし一年が早い。人生が急加速しているようである。

東京降臨497

ロンドン・コーリング アーティスト:ザ・クラッシュ ソニーミュージックエンタテインメント Amazon

絶景東京496

絶景東京495

絶景東京494

土曜日の出勤前に二週間動かしていなかったミジェットに火を入れてみる。二週間ほったらかしでも一発でエンジンがかかる健気さ。とはいえクラッチが死亡寸前なのが辛い。それでもレリーズベアリングをジャリジャリ言わせながら近所を一周してみる。考えてみ…

絶景東京493

人間というものは、何ものかを少しづつ失いつつ、生きている。

トンビの逆襲

ボクは自分が携わる広告・放送を推すけど、彼は商社だコンサルだと仕事内容についてのディスカッションを頻繁に繰り返す。いよいよ就活シーズンが始まっている。さてこの先どれくらい内定を取ってこれるのだろうか、国立落ち私文の負け組だけれど、就活には…

風吹と早瀬

ボクら世代にとっては毎回この二台のバトルがたまらない。この二台でいつも1位2位を争っている漫画のようなレースである。 今回はポールポジションからのロータスヨーロッパ59号車がフライングペナルティでピット再スタートを喫したけれど、その後の見事な追…

絶景東京490

絶景東京489

絶景東京488

ステイションワゴンの荷室の窓からの風景

筑波に行かなければならなかった。結構荷物があるのでいつものレンタカー屋でカローラフィールダーを予約した。当日、受付を済ますと用意された車は三菱のデカイSUVだった。ボクは咄嗟に、カローラワゴンを予約したのですが、と言うと、今日はこちらをご用意…

絶景日本866

何を撮るべきかは「探す」のではなく「発見」する。(藤田省三)

絶景日本865

500年ぶりくらいに国民放送の朝ドラを観ている。サイリちゃんとタイガくんが出演しているからである。近くないけどごく薄ーい縁のある方たち。さらに弁護士役の芸人の方などは先日ラーメン屋で隣同士だったというだけで何故か身近なドラマに感じてしまうとい…

バリバリ伝説のひとたち

一昨日、昨日と偶然にも同じ1950年生まれの方と会った。業務上の打ち合わせである。74歳というと昔は相当ジジイなイメージだったけれど、今の時代の74歳はかなりアグレッシブであった。 一人は、日本人としてはかなり初期にF1を走ったレーサーだった。1976年…

散ればこそ

強風と強雨で満開になったばかりの桜が散る。強風がなければあと3日は咲いていただろうか。今年はその姿わずか一週間だった。日曜日に訪れたお宅では庭にシダレザクラが植えてあり見事に満開だった。庭に桜があるという贅沢を羨む。

絶景東京487

500年ぶりにブローニーの現像。(ヤマザキさん風に)3ターン6本。せっかく現像に適した気温なのに天気が悪くてなかなか撮影モードのエンジンのかかりが悪い。T-MAXはフィルムも現像液もあと僅かとなった。

絶景東京486

絶景東京485

絶景東京484

絶景東京483

絶景日本862

Lost in Translation

ロスト・イン・トランスレーション(字幕版) ビル・マーレイ Amazon

煙が目に染みる

スモーク(字幕版) ハーヴェイ・カーテル Amazon

こんな夜に発車できないなんて

年に何回もないだろう最高の天気である。今年初の夏日、ミジェットで出掛けようとエンジンを掛け、入り口まで出したところで、また車庫に戻した。やっぱりそうか、ずっと気になっていた異音の原因がこの日はっきりした。 クラッチのレリーズベアリングが結構…

にほんブログ村 にほんブログ村へ