Shovelog

Snow Lights Films

f:id:honday3:20210622202251j:plainHatagaya / Olympus mju II

ボクが18歳で初めてミニを買った頃は(日英の1000HL)ラバーバンパーミジェットは結構な数が中古で出回っていて、というか溢れていて、店頭に格安の値段で並んでいたものです。当然ミニより安かったんだけど全く見向きもしませんでした。
高校生の頃からスクランを欠かさず愛読し、いっちょ前に頭でっかちな英国車知識を詰め込んでたボクはストロンバーグキャブや排ガス対策で牙を抜かれ、5マイルバンパーやロスタイルホイールにメッキホイールリムなんて、アメリカのご機嫌伺い的な英国車が大嫌いだったわけですよ。
それから30年経った去年のある日、麻布通りを軽快に走り抜けるオレンジのウレタンミジェットを見かけました。バンパーもロスタイルホイールもまんまオリジナルで、ボクより少し年上の白髪のおっさんが二人ギュウギュウになって乗ってたんだけど、それが何だかやけに羨ましく見えてしまったのですよ。あの青春の日々がフラッシュバックしたというか。70年代後半からバブル時代にかけての、日英自動車がミニの輸入を再開した頃の、あの年代にノスタルジーを感じるようになっのでしょう。MacならポリタンクのG3にグッと来るように、不細工なウレタンミジェットにいとおしさを感じてしまったのです。

味覚イジョウ

f:id:honday3:20210623180747j:plainHonmachi Shibuya / Olympus mju II

実に半年ぶりに大きめの興行を終えた。すっかり体がなまってるし、寄る年波だし2日経っても疲れが取れず、足腰バッキバキ。そろそろ引退だよな。イベントが終わった日の夜はやたら塩分が採りたくなって近所の家系ラーメン屋に行くも、濃いはずのスープの味がしない??・・・ひょっとしてコレは?とビビってしまった。どうやら最近薄くなったみたいだ。ラーメンは喉が渇くほど濃くなくちゃと言ってみる不健康な初老男子。

というわけで英国車らしくないラバーバンパーのミジェット、
25年ぶりのエムジーが我が家にやってきた。
荷物も積めないエアコンすらついてないこの子でさてどうやって生活していこうか。
苦しみは楽しみかもしれない。

f:id:honday3:20210622191154j:plain



言い訳

f:id:honday3:20210622191731j:plainShibuya / Makina67

車を変えた。こんな状況だけど、とにかく何か流れを変えたかった。人生二度目のオープンカー。家電化する新車の中で何か抗いたい内燃機世代。お迎えが来る前にオイルまみれだったあの20代の頃に戻ったっていいじゃないか、足腰が弱る前にスポーツカーだ。その他色々、色んな言い訳が湯水のように湧いてくる。

f:id:honday3:20210611103936j:plainNishihara / Makina67

何度言っても急に飛び込みに来る事務機屋、営業マンも大変だけどこんな時期にアポ無しで来る。仕事場はオレしか居なくてワタワタしてる時に限って。5分だけいいですか?って貴様は宗教の勧誘か?5分もヒマのない時に来る。後ろでは電話が鳴ってるし。相手先がどんな会社でどんな業務やっているのか顧客を良く調べてから飛び込め。せめて業種だけでも知っとくべきだろう。また、コロナの影響が大の業種なのかどうかくらい見極めよ。貴様らの上司はそんな事も教えてくれないのだろうか。それとも私が関わってきた見てきた営業マンたちが一流すぎたんだろうか。

にほんブログ村 にほんブログ村へ