Shovelog

Snow Lights Films

カシラ文字

f:id:honday3:20220121150056j:plainToyohashi / Nikon FM2 Planar50/1.4

何を思ったのかアマゾンプライムでふと見出してしまった頭文字D。ボクより一世代後の物語なので、当時漫画はまったく読んでなかった。ずっとカシラモジDって思ってたし。ボクらの時代はハチロクはまだ発売されたばかりで全く興味がなく、峠では70カローラバンの尻を流して喜んでた世代。のちにミニで攻めてたけれど。アニメで登場するRX7はFCやFDだけれど初代FBな世代、ランエボなんてなくてランタボ。スカイラインはジャパンの世代。ハコスカやケンメリは底値で時代はFFボーイズレーサー&ターボ全盛期。BD型ファミリアターボやマーチターボにボード積んで海に行くのが一番オシャレだった時代。硬派な走り屋はジェミニスターレットなんか乗ってたかな。

f:id:honday3:20220123021932j:plain少し遅れて発売されたハチロク(上)とぼくら世代の最速車ランタボ(下)

f:id:honday3:20220123021628j:plain


さて、そんなおじさんが一世代後の物語を見出してしまって止まらなくなった。アニメとはいえ微妙な車の挙動の描写が見事なのである。そしてあの時代の国産車の世界はこんなにドラマがあったのかと再発見。しかし当時は英車以外見向きもしなかったので国産車についての知識はほぼ空白、今頃になってクルマ年表を埋めていくという時代遅れ感。しかし考えて見ればボクのミジェットの4年後にハチロクが発売されていたわけでこのわずかな年数に隔世の感がある。そして古い設計のミジェットがいかに長い間愛されたのかがよくわかる。そんなミジェットやMGBが生産中止になってからオープンスポーツカー空白の時代が続き、10年後にやっとマツダNAロードスターが発売されるのである。こんな感じで国産車と英国車の年表を脳内で紐付ける作業は結構楽しかったりする。以前、タカザワさんが「挑発する写真史」に書かれていた、日本の写真作家と海外の写真作家の活動年代を紐付けて写真史年表を組み立てていくという作業とよく似ている。

にほんブログ村 にほんブログ村へ